最低限しておきたいこと

本棚

出版業界に入りたい場合には、基礎知識としてまずどのような仕事内容なのかを理解しておきたいところです。出版に関しては、紙の本が基本になりますので、紙の本を印刷していくのが特徴です。ただ、単に印刷する仕事だけでなく、文字拾う仕事などもありますのでその点を理解しておく必要があります。出版業界自体は、比較的入りやすい業界ですが、それでも自分自身に合った仕事かどうかを事前に確認した後に業界の門をたたくと良いでしょう。休み自体は、毎週一回は最低でもありますが、ある程度大きなところになると1週間に2回の休みが約束されています。有給休暇などもとることができるでしょう。しかし、繁忙期になると、ほかの時期に比べると忙しくなりますので残業などが増える傾向にあるでしょう。出版業界の繁忙期といわれているのは、主に12月から3月ぐらいまでになります。なぜこの時期に繁忙期になりやすいかといえば、学校教材を作らなければいけないからです。学校教材自体は、新だけになるとすべて進級した生徒に配布することになりますので、その分だけ印刷物が集中することになります。もちろんこれらの教材は3月の時点にはすでに出来上がっていなければなりません。そうだとすれば、印刷をする時期はもう少し早い時期と考えてよいでしょう。つまり、12月から3月までの間に印刷をするのが基本になります。それ以外の時期は、比較的閑散期ですが同人誌などを印刷している場合には夏と冬が忙しいです。

将来のスキルになる可能性も

本

出版業界の門をたたきたい場合には、しっかりとした利用する目的を明確に定めておかなければいけません。就職をするのだから、お金をもらうことが利用目的などと考える人が多いですが、単にお金をもらうだけならばわざわざ出版業界の門を叩かなくてもよいでしょう。別の業界もたくさんありますので、それ以外の業界でもよいはずです。それにもかかわらず出版業界に入ろうとしている人は、給料以外の目的を明確にしておいた方がよいでしょう。例えば、自分が将来出版をしたい場合などは、出版業界でその基礎を学ぶのがよいです。将来的に独立をする人も多いですが、その場合にはどのようなジャンルが人気があるかなどを先読みしておくとよいです。先読みするためには、その業界に入りどのようなものが売れているかを常に把握しておかなければいけません。それだけでなく、人間関係を高めることも可能になります。業界自体はベンチャーのような新しいものではりありませんが、世代交代をしている会社などは常に新しいことに取り組んでいます。

広告募集中